校正 / 計測システム

advintec TCP – 最高 6 次元までのロボット工具とフィクスチャの計算と校正

あらゆるロボット銘柄に適用可能。

 

高速で正確な TCP 校正システム

課題

溶接トーチやフライス盤などのロボット工具に対して、フィクスチャに適した正しい動作位置を継続的に確保すること。

ソリューション

advintec TCP 工具校正システムは、最高 6 次元までの工具またはフィクスチャの校正をコンピュータにより実施します。計測された偏差に基づいてロボットプログラムが自動的に補正され、工具は常に正しい位置で確実に動作します。advintec TCP は、あらゆるタイプのロボットおよびロボット工具に使用できる高精度の校正システムで、特定メーカーに依存しません。

お客様にとっての利点

進行中の製造過程であっても、補正が直接的かつ自動的に反映されます。

サイズ / 寸法

3 つのサイズで利用可能 赤外線 (内部寸法):

  • 120 mm x 120 mm
  • 240 mm x 240 mm
  • 320 mm 円形

advintec TCP高精度レーザセンサ - 2つのサイズで利用可能 (内部寸法):

  • 120 mm x 120 mm
  • 320 mm 円形

advintec TCP XS センサーは 120 mm x 120 mm の赤外線のみ利用可能

6 次元
A = Z 軸の回りを回転
B = Y 軸の回りを回転
C = X 軸の回りを回転

利点一覧

  • ロボット工具とフィクスチャの自動絶対計算
  • 自動始動と使いやすさ
  • 小フットプリントによる生産ラインでの統合の簡素化
  • 2 つのサイズで利用可能な堅牢なセンサ
  • マルチセンサシステム (追加センサの接続が可能)
  • 校正システムのロボットコントローラへの接続、すなわち校正手順は評価ユニットで行われ、補正値をロボットコントローラへ伝送します
    • 高い処理信頼性
    • 追加 PC は不要
    • 校正データのロギング
    • いつでもデータ評価可能
  • 損摩耗および工具交換による軌道の自動補正
    • 100% の品質保証
  • コスト削減
    • 故障部品の発生を防止
    • 廃棄や再加工の低減
    • 短い設置時間

技術データ

センサタイプ
赤外線 880nm 2 チャンネル、パルスレート 2kHz
インターフェイス
シリアルまたはフィールドバス (DeviceNet、PROFIBUS、PROFINET など)
校正精度
0.02 mm
標準校正時間 *
完全な 2D 校正 3 秒
完全な 3 D 校正 6 秒
完全な 5D 校正 9 秒
完全な 6D 校正 15 秒
保護等級
IP67
不潔環境
対応
ケーシング
アルミニウム
次元
2 または 3 並進
5 (3 並進 + 2 回転)
6 (3 並進 + 3 回転)
工具データの自動補正
対応
用途分野
アーク溶接、スタッド溶接、スポット溶接、レーザ切断、TIG 溶接、接着、フライス加工、ドリル加工、研磨加工など
6D:グリッパ校正、フィクスチャの校正、パワートレイン応用製品、 高精度応用製品
CE マーク
取得済み
動作電圧
10 ~ 34 V DC
接続
IBS コネクタ、5 ピン、PE アドバンスコネクタ

* 校正時間は条件によって異なることがあります


連絡先

次の連絡フォームからサポートにお問い合わせください:

連絡フォーム

セールスネットワーク

パブリケーション

advintec TCP

advintec TCP

Tool data calculation & tool calibration in up to 6 dimensions

PDF

Machine perception

Machine perception

PDF

パブリケーション
連絡先