部分的な測定、グリ ッパー目盛り & アンラッキング

advintec 6D laser measurement

LEONI アンラッキングソリューションによる費用削減

課題:

現代の生産工場では、多くの場合、完全に自動化された方法で部品 (車体サイドパネル、ルーフ、フード、類似部品など) を取り出し、追加処理のために置き場に運ぶことが必要となります。そのためには、ほとんどの場合、産業用ロボットが使用されます。部品が正確に所定の位置になければ、ロボットは次の動作サイクルに進むことができません。

ソリューション: 

  • 電子式部品校正システムによるロボットの誘導
  • グリッパ内に統合されたレーザまたは赤外線センサを使用した、部品位置の 6D 校正 (並進および回転) – フィールドバス経由でロボットコントローラを使用した直接の接続
  • ピック位置の自動調整 - オンライン

お客様にとっての利点:

  • 従来の機械システムと比較して、費用削減が可能
  • 保守の容易さと使いやすさ
  • 照明や部品の種類に依存しないロボットガイダンス
  • 使用者および保守スタッフのトレーニング費用を最小限に抑えられる
  • 小型軽量で堅牢性があり、直接グリッパに組み込む方式であるため、時間を要する調整なしで生産ラインに追加設置可能

進行中の製造過程であっても、補正が直接的かつ自動的に反映されます。セットアップ中に、適切な部品位置が自動学習されます。

操作把握が容易 – 短い学習時間と使いやすさ。

利点、技術データ、統合

利点一覧
  • アンラッキング用途向けの部品グリップ位置の自動算出
  • 自動始動と使いやすさ
  • グリッパ内へのセンサの統合
  • 個別のアンラッキング用途に容易に適合する、適応性のモジュール式システム
  • 校正コントローラが部品位置を算出し、フィールドバスインターフェイス経由でそのオフセットをロボットコントローラに伝送します
    – 高いプロセス信頼性
    – 追加 PC は不要
    – 校正データのロギング
  • ピックアップ位置の自動校正
  • 容易なクラッシュ回復
  • 費用削減
    – 部品破損の防止
    – 正確なグリップ位置の確保
    – セットアップ時間の短縮

 

 

LEONI アンラッキングソリューションに関する技術データ
センサタイプ
レーザクラス 2 875 nm + 超音波
インターフェイス
フィールドバス (DeviceNet、PROFIBUS、PROFINET、INTERBUS など)
較正精度
0,1 mm
保護クラス
IP65/67
周囲の汚れ
あり
次元
6 (並進: 3、回転: 3)
自動補正
あり
用途分野
サイドパネル、ルーフ、ボンネット (フード) または類似部品のアンラッキング

 

統合

アンラッキング校正システムの生産プロセスへの統合:

  • 容易
  • ロボットプログラミングの手間を最小限まで低減
  • 迅速かつ容易な始動
  • 校正データのロギング: 常時、定期的なデータ評価が可能
  • 追加 PC は不要

供給範囲:

  1. グリッパ内に設置されたセンサ
  2. advintec コントローラ
  3. ケーブルセット: 電力ケーブル、センサケーブル、バスケーブルセット
  4. センサインターフェイス
  5. 校正用ロボットプログラム
  6. 始動とトレーニング

寸法

6 次元
A = Z 軸の回りを回転
B = Y 軸の回りを回転
C = X 軸の回りを回転


関連ニュース &リファレンス


連絡先

次の連絡フォームからサポートにお問い合わせください:

連絡フォーム

セールスネットワーク

パブリケーション

Machine perception

Machine perception

PDF

Engineering · products · services

Engineering · products · services

for robotics

PDF

パブリケーション
連絡先