「Over the Shoulder」オートメーションシステムトレーニングサポートで授業型作業を強化

非常に優秀な生徒であっても、オートメーションシステムで新たに発見した知識を実践に移すにはサポートが必要です。顧客が近代的な工場を実際に操業できるようサポートするために、LEONI Engineering Products & Services, Inc. (LEPS) は付加価値サービスとして現場での「Over the Shoulder」(OtS) トレーニングサポートを提供しています。

顧客の設備で生産性を高めるために、工場の管理者はオートメーションシステムを適切に操作し、トラブルシューティングを行って、オートメーションシステムを管理できる熟練の作業者を頼りにします。LEPS によるトレーニングでは、顧客のオートメーションアプリケーションと作業者の既存のスキルに合わせてカスタマイズしたカリキュラムと実践ラボによって、その知識の基礎を提供します。

授業型作業を完了すると、LEPS インストラクターが通常シフト中に熟練の取引スタッフとメンテナンス技術者に加わり、OtS トレーニングサポートを提供します。LEPS は、授業型作業の直後、あるいはカリキュラムで作業者をリフレッシュさせるために数カ月後に、サポートプログラムを実施することができます。

「必要に応じたトラブルシューティングサポート提供に加えて、インストラクターは従業員と共働して、作業補助、作業指示、または集中レッスンによってダウンタイムを削減する作業を特定します」と、LEPS の Training Business Development, Business Unit Robotic Solutions の Darrell Cope は述べています。

LEPS インストラクターは技術スタッフと協力して、顧客の生産が急増したときや、新たなラインを開始するときに重要な専門的アドバイスを必要に応じて行い、可能な限り最短時間にフルスピードで生産できるよう保証します。

また、OtS トレーニングサポートプログラムは、顧客がオートメーションシステムに関する予防メンテナンスプランを確立できるようサポートします。LEPS は先日、自動車工場でメンテナンス技術者と共働し、部品の評価、修理、交換、予防メンテナンスを実施するための標準的な手順に従うように依頼しました。LEPS インストラクターは、写真撮影を含め、そのプロセスをまとめて、技術者が担当している作業手順に合わせて、わかりやすいメンテナンス指示書を作成しました。

パブリケーション
連絡先