2021年04月15日プレスリリース製品 / 用途ファクトリーオートメーション

Leoni社は、ファナック社の新しい協働ロボットCRX用のスマートな ケーブルマネジメントシステムを開発しました。

- ファナック社協働ロボットの使用される様々な用途に適応
- シンプルな構成で直感的な取付けが可能

自動車およびその他の産業におけるエネルギーおよびデータ管理の世界的なソリューションプロバイダーであるLeoni社は、ファナック社の新しいCRX協働ロボットにコルゲートホースや部品を取付けるための専用ホルダーを提供し、LEONI B-Flex Cobotの製品ラインナップを拡大しています。

Fanuc CRX 用LEONI B-Flex では、様々な用途に対応した取付けとガイド部品を備えた柔軟で完全なユニットを、スムーズでアクセスしやすいデザインを備えた10 kg の可搬重量、2 種類のリーチバリエーションを持つ協働ロボット CRX 10iA および CRX 10iA/L 向けに提供されます。

本パッケージには、軽量な100グラムの6軸ホルダーも含まれています。このホルダーは、手動によるダイレクトティーチング時の把持部品としても使用可能です。また、最初の固定位置から簡単に調整・変更可能なことにより、ユーザー様の使いやすさを考慮して設計されました。このデザインは、6軸周辺の接続部品位置や取付穴を考慮する事無く様々な位置で固定できます。

このシステムは、簡単かつ短時間で設置することができ、ツールの「オフセット」が不要なことにより、プログラミングで考慮する必要はありません。

実績のあるLEONI B-Flexコンポーネント(コルゲートホースLEONI B-Flex、LEONI B-Flexサポート、ベルクロストラップ)は、コルゲートホースと各部品の自由度が高く滑りにくい設置を保証します。LEONI B-Flex コルゲートホースには、23 mm と 29 mm のサイズがあり、滑り止め効果のある取付自由度の高いLEONI B-Flex サポートは、両方のコルゲートホースサイズに適合し、取付けが簡単で調整可能なベルクロストラップは、両方のCRX 本体サイズに対応する 600 mm の長さを採用しています。

協働ロボットの国際規格DIN ISO/TS 15066:2017-04に準拠して開発された外周干渉が低減された部品と、明るい緑色で製造された6軸ホルダーによる視認性向上の両方によって最高レベルの安全性が確保されています。

Leoniは、ケーブルマネジメントシステムの分野における長年の経験を活かしています。すべてのケーブルマネジメントシステムは包括的なテストプロセスを経ており、現場での設置後も、多彩なアフターサービスで顧客をサポートしていまる。

 

LEONI B-Flex - ウェブショップで購入できます

パブリケーション
連絡先