LEONI ケーブル管理システムでロボット投資を安全に

ロボットはその部品と同じくらい効率的です。ケーブルやホースが電力、データまたはメディアを送信できなくなると、生産が急停止する可能性があります。長年の実績がある LEONI は、数百万回の折り曲げに耐える優れた耐久性を持つ素材と信頼性のある部品を使用して、顧客の要件に合った丈夫なケーブル管理システムを独自設計します。

従来の産業用ロボット向けのケーブル管理システムを設計する LEONI の専門知識は、最近の LEONI B-Flex ケーブル管理システムの導入により、軽量な共働ロボットにまで及んでいます。

柔軟性のあるスリップ防止 LEONI B-Flex は、あらゆる種類のロボットアームや、アルミニウム、ニス、鋳鉄といった表面に設置できます。LEONI B-Flex のストラップは調整可能で設置しやすく、工具、ネジ止めまたはロボット改造などする必要はありません。LEONI B-Flex の理想的な折れ曲がり特性とケーブルブラケットの柔軟性によって、さまざまな直径のロボットアームに容易に適用できます。

LEONI B-Flex ケーブル管理システムは、尖った角や金属部品など外部接触でロボットが衝突する可能性を低減し、作業者の安全を確保します。調整可能なブラケットでメンテナンスや修理も行いやすくなっています。

すべての LEONI ケーブル管理システムは顧客の施設やライン構築者のもとで設置されるまでに、さまざまな試験プロセスを経て機能性が保証されています。LEONI は、オンサイトでの設置、最適化、修理を提供し、引き続き顧客をサポートしていきます。アフターサービスは、個別の修理依頼または予防メンテナンス契約を通じてご利用いただけます。

2020 年までに、170 万台以上の新たなロボットが世界中の工場に設置されることが予想されます。このロボット投入により、信頼性のあるケーブル管理システムがさらに重要となることでしょう。LEONI の標準および独自設計のケーブル管理システムが、ロボットの性能を最適化し、製造業者が安全に投資できるようサポートいたします。

パブリケーション
連絡先