LEONI、軽量ロボット用のインテリジェントな固定ソリューションを開発

熱可塑性素材によりロボットアームでの多様な使用

ニュルンベルク - LEONIは軽量・協働ロボットのコンポーネントと供給管の固定に適した新たなソリューションを開発しました。このソリューションによって、自動車産業やその他産業用のケーブルおよびケーブルシステムにおける欧州の大手供給者であるLEONIは将来、産業用ロボットのさまざまな分野および市場に貢献します。

LEONIはLEONI B-Flexによって、軽量ロボット用の可撓性およびスリップ防止の固定ソリューションに関する製品ラインを拡大します。このソリューションの原理は次のように非常にシンプルです:このソリューションは面ファスナとフレキシブルホルダの2つのコンポーネントから構成され、ロボットへの取り付け時に面ファスナをホルダの対応する差込用スリットに差し込みます。コンポーネントを面ファスナとホルダの間に通したら、次にホルダをロボットの目的の位置に配置します。最後に単純にファスナを締め付けてロックします。

工具不要の単純かつ迅速な取り付けはこのソリューションのメリットであるだけでなく、ロボットアームまたはコルゲートチューブへのコンポーネントの固定による応急修理にも適しています。熱可塑性素材とそれによって得られたホルダの屈曲性によって、LEONI B-Flexはスリップを伴わずにさまざまな表面、溝、範囲で使用できます。このシステムは人と緊密に協力して動作する協働ロボットに特に適しています。そのしなやかな素材が鋭角部によるけがを防止します。また、この固定ソリューションの重量は軽いだけでなく、その低い全高が干渉輪郭を最小限に抑えます。

LEONIはLEONI B-Flexによって将来、軽量・協働ロボットが利用されるあらゆる応用分野と市場に貢献します。それは既存産業でのばり取り、装着、包装、組み立てなどの作業、さらには時計、医薬品、化学、家具の各産業などの全く新しい市場での使用にまで及びます。

パブリケーション
連絡先