Leoni、日本での事業を拡大

名古屋に拠点を置く「LEONI Wire & Cable Solutions Japan 株式会社」に事業統合

名古屋 / ニュルンベルク – 自動車産業やその他産業にケーブルシステムを提供する LEONI は、LEONI Wire & Cable Solutions Japan 株式会社を設立しました。この新しい法人は、LEONI の日本市場における Wire & Cable Solutions 部門 (WCS) の活動を統合し、名古屋の事務所を通して以前の事業を拡充します。

「私たちはこの新たな地域の営業所を通じて、日本市場で確固たる地位を築けると確信しています。日本は多くの先端技術および産業の各分野で優れており、LEONI の医療用途向け、産業用途向けの特殊ケーブルおよびケーブルシステムなどの最新製品は日本のニーズに完全に一致しています。また、日本はアジア大陸全体の戦略的な拠点としても機能すると考えています」と、LEONI AG 社長兼 CEO の Klaus Probst 博士は述べています。

Leoni は、過去数年間、独自プロジェクトや提携を通して日本でのビジネスを拡大してきました。新しい LEONI Wire & Cable Solutions Japan 株式会社の設立により、これまで独立して行われてきた幾つかの活動が地域の営業所に統合されることになります。新しい子会社の目的は、既存のプロジェクトを強化促進し、異なる市場でも新しいビジネスを確立することです。

事務所は名古屋市にあり、既存の顧客や今後取り引きが決まっている顧客もその周辺に位置しています。2010 年 1 月 4 日より、事業は Healthcare 事業部および Industrial Solutions 事業部に集中して行われています。後者は、Robotic、Machinery、Automation & Drives の各部門によって構成されます。ロボット分野の LEONI 代理店は、1999 年から既にビジネスを展開しており、ファナック、ホンダ、Kyouchou、フタバ産業、富士アセンブリなどの企業と取り引きを行ってきました。LEONI は今後、自動車ケーブル、ソーラー、光ファイバー、銅ソリューションの分野における日本での既存の事業を拡充する予定です。

LEONI には、地域のプロジェクトの他にも、ヨーロッパやアメリカにおける日本企業の子会社との取り引き実績があります。新しい現地事務所の設立により、それらの顧客の本社にも事業を拡大できる可能性が開けました。

パブリケーション
連絡先