K2XX トラックの発売:成功を目指した General Motors と LEONI の提携

K2XX とは General Motors の 2014 年のピックアップトラックとフルサイズ SUV を基本に設計された車体構造の名称です。近く発売されるトラックは General Motors の歴史において最も大型なものであり、LEONI のトレーニングと LEONI ロボットドレスパッケージがその製造を支援します。

その新しいトラックプラットフォームは強度、耐久性、信頼性を実現するよう設計されており、2014 年の シボレー・シルバラードとシエラの各ピックアップトラックに採用されています。将来の車両にはシボレー・タホー、サバーバン、キャデラック・エスカレード、シルバラード・ヘビーデュティー (HD)、GMC シエラ・ヘビーデュティー (HD) トラックが含まれるようになると予想されています。

この重要な製品発売に関連する 3 箇所の米国の工場全てで、技術トレーニングの提供者に選ばれた LEONI がトレーニングを提供しています。このトレーニングでカバーされるトピックには、ロボット、駆動装置、システム・セルのトラブルシューティング、保守が含まれます。トレーニングは 1,200 種の週間プログラムを擁し、これまでに 300 人がカリキュラムを修了しています。現行ニーズに合わせるため、追加のコースが現在開発されています。

LEONI の開発した広範なトレーニングカリキュラムは GM K2XX の各プログラムと各用途に合わせて調整済みで、工場のフロアプログラムファイルと GM の構造 / ハンズオンラボ用の規格を使用します。クラスは各現場に合わせて調整されます。GM Flint Truck、GM Ft.Wayne、GM Arlington の各工場には特定のニーズがあり、クラスを成功に導くため、各現場は弊社のトレーニングチームと緊密に連携します。事前評価と事後評価を完了した履修者は、トレーニングを継続する上で優れたデータを提供してくれました。

「LEONI は適切なトピックに関する適切なトレーニングを必要なときに、私たちの工場に提供してくれました。優秀なインストラクタ、カスタムプログラム、最新のロボット、PLC トレーニング設備を利用した本当に優れたクラスを実現しています」と GM Flint Truck Assembly、UAW Training の David Groulx 氏は言います。

応用トラブルシューティング (AT: applied troubleshooting) カリキュラムは、General Motors 工場フロアセルとステーションを維持するために必要となる運用、トラブルシューティング、復帰の各手順をカバーしています。トレーニングの対象はオペレータ、技師または技術者です。参加者は基本設備の操作、障害からの復帰、PLC とロボットコントローラ・その他の機器間の「ハンドシェイク」に関して深く理解し、複数セル間での障害追跡方法やその他のことを学習できます。

パブリケーション
連絡先