IMA Dresden は LEONI Special Cables GmbH の DeviceNet ケーブルを導入

新しいエアバス A380 は 2006 年に最初のフライトを予定しています。

しかしながら、この世界最大の飛行機は航空機産業の歴史上類を見ないほどの徹底的な機体および基礎構造の疲労試験を受けなければなりません。この記録破りの検査を行う責任を担っている企業の 1 つに、ドレスデンにある IMA Material Research and Application Technology Ltd があります。同社は、航空産業に長らく従事し、認証および開発検査の設計、実行、および評価を専門にします。

このドレスデンの企業は、検査対象だけでなく、47,500 回のフライトをシミュレーションする検査施設で使用する材料についても厳しい要求を設けています。1,800 回のフライトのストレスを再現する油圧シリンダのドライブ制御には、最高の耐久性が求められます。そのため、IMA Dresden は、LEONI Special Cables (LSC) の FieldLink® ラインアップでも高可撓性 DeviceNet ケーブルの採用を決定しました。DeviceNet ケーブルは難燃性のシースを持ち (UL 1685 (CSA FT4) に準拠)、耐油性が保証されています (UL 1581、Chapter 480 に準拠)。UL 認定のケーブルやワイヤは、米国およびカナダで要求される高い安全規格も満たしています。

検査施設のネットワークプロトコルの選択では、柔軟性も決定的要因でした。CAN 規格で構築された DeviceNet は、同じ公開性を提供しつつもプログラムははるかに簡単です。複合ケーブル構造は、2 つの個別のワイヤペアを使った電力供給とデータ伝送を可能にします。この接続形態は、敷設と設置の利便性を最大限にし、プロジェクトの費用を最小限にするために設計されています。これは、耐用年数 25 年をわずか 26 か月でシミュレーションするドレスデンでの Airbus A380 の検査にとってはまさに理想的です。

パブリケーション
連絡先