CC-Link IE 新基準に対応: Industry 4.0向け高速通信

アジアで広く使用されているCC-Link IEは、多岐にわたるアプリケーションにおいてIEEEイーサネット規格に対応した安定した高速通信を実現します。

ドイツ(フリーゾイテ):自動車業界とその他産業界において世界的な電力・データマネジメントソリューションを提供するLEONIは、CLPA(CC-Link協会)より、新たにCC-Link IE Field通信ケーブル 2種の認証を取得しました。これらのケーブルは、フィールドレベルにおいても高速通信を確実にする事で、Industrial 4.0 に関わる全ての主要なネットワークへも接続、使用することができます。

LEONIは、数多くのPROFINETおよび産業用イーサネットケーブルに加えて、産業用途と1Gbpsの高速イーサネットに対応した2種類のCC-Link IE Fieldケーブルに至るまでの製品群を拡充しました。

これらのCC-Link IEケーブルは、従来のフィールドバスCC-Linkのイーサネット版であり、通信プロトコル規格のため、一般的なギガビット帯域のネットワークケーブルとしても利用できます。これにより、大容量データを高速通信で伝送する事ができます。ケーブルの基本構成や構造は、各イーサネットカテゴリ(Cat 5e とCat 6a)のPROFINETケーブルと同じです。

4本のツイストペアとPVCシースにより、IEC 60332-1-2 準拠の柔軟性と難燃性に適合します。さらにUL規格へも対応しています。

CLPA認証の取得はLEONI中国の常州工場にて行われ、公式式典の場でCLPA代表団より製品テスト認証書が授与されました。CLPA認証取得により、LEONI産業用イーサネットケーブルの高い信頼性と品質を、より確かなものにしました。

PROFIBUSやPROFINETの協会会員活動と同様、CLPAでの積極的な活動を通じてLEONIは常に革新的なケーブル技術を第一線で提供し続けて参ります。

パブリケーション
連絡先
This site uses cookies in order to improve your user experience and to provide content tailored specifically to your interests. Detailed information on the use of cookies on this website is provided in our Privacy Policy. By using this website, you consent to the use of cookies.