高温の仕事場 – 高温端に PROFIBUS DP ケーブル

Software-Technologie-Glas GmbH (STG) には、ガラス生産施設の「高温端」で、中央制御からセンサとアクチュエータを操作できるバスケーブルが必要でした。

コトブスに拠点を置く同社は、エネルギー効率、酸化窒素排出の削減、酸素プローブの使用、および工業用炉の最適化されたプロセスに対するソリューションで世界的な知名度を有しています。

ケイ砂や石灰を 1,500 °C で溶かす同社のガラス産業の生産エリアでの使用には、ケーブルの耐燃性に大きな負担がかかります。しかも全体で 4,000 メートル使うことになります。PVC シースを使う標準的な PROFIBUS 製品は、環境温度制限が 80 °C であるため選択外でした。

詳細な話し合いとテストの結果、LEONI Special Cables (LSC) が提供する総合的なラインアップがソリューションとなりました。選択された製品は現場での実績を持つ PROFIBUS DP タイプでしたLink® 製品ファミリーは、工場オートメーションで使用される、実質的にあらゆる従来のバスシステム向けのケーブルソリューションを網羅しています。このケーブル (注文番号: L45467-G16-N17) はフッ化エチレンプロピレン (FEP) 製シースを備えているため、高温な作業場所での使用に最適です。このケーブルは 240 °C の瞬時温度、そして Association for Electrical, Electronic & Information Technologies (VDE) に準拠して継続作業では 180 °C に耐えます (205 °C 最高 20,000 時間)。同時に、LSC はポリエチレン (PE) だけでなく FEP の物理発泡技術を有するため、ケーブルは PROFIBUS のユーザー組織である PNO の電気仕様も満たしています。

この分野の追加の機能のためLink® ファミリー製品の他の特徴には耐油性および耐化学性があり、他の過酷な環境でも魅力的なオプションとなります。

パブリケーション
連絡先
This site uses cookies in order to improve your user experience and to provide content tailored specifically to your interests. Detailed information on the use of cookies on this website is provided in our Privacy Policy. By using this website, you consent to the use of cookies.