停止時間も値段に含まれる … ベンチマークテストで: 極東での PROFIBUS ケーブル模造品

極東で製造された PROFIBUS ケーブルのユーザーは、高額な出費の伴うリスクを背負っている可能性があります。

LEONI Special Cables GmbH (LSC) は中国のある製造会社のサンプル品を入手しました。一見すると、かなりの完成品に見えます。しかし、視覚的には完璧ですが、生産の中断、場合によっては生産工場全体の閉鎖につながりかねない重大な欠陥が明らかになりました。この極東の模造品は、伝送および熱特性と機械的特性の両方で、PROFIBUS ユーザー団体である PNO の要件を満たしていません。

例えば、波動減衰は指定された限度を大幅に超え、水平長が増加するにつれて動作が全く読めなくなります (図を参照)。反射は、挿入損失特性の減衰ピークの原因となっています。反射の要因としては、135 オームで、測定システムが適合する 150 オームにおけるサンプルのインピーダンスの推奨値よりも大幅に低いことが挙げられます。しかし、減衰自体の値 (反射を除く) は PNO が定める限界よりもかなり高くなっています。

実際問題として、水平長 400 m までは 1.5 MBit/s の伝送速度が求められており、この値は高品質のケーブルによって可能となります。しかし、水平長が増加すると、ケーブルの品質に対する要求は高くなります。テストを実施したサンプルを使った場合、有効な水平長が極端に制限されるため、データ伝送でエラーが発生し、生産は中断されます。

製造されたケーブルの品質、およびパラメータ同士に種々のパラメータがどのような影響を与えるかは、シールドインピーダンスを見れば分かります。現在の値は 30 % 高すぎます。これは結合インピーダンスにマイナスの影響を与え、電磁波の干渉に対するケーブルの感度が高くなってしまいます。電磁波の干渉に対する感度は、全く未抑制の結合容量によって悪化しています。>9000 pF/km で最高許容値の 1500 pF/km を 500 % 以上も上回っています。加えて、中国のサンプルで測定された他の幾つものパラメータでも PNO の限度を大幅に超えています。限度を 15 % も超えるループ抵抗は、不十分なワイヤの厚さおよび/または銅の劣悪な品質のしるしです。

結論として、メートルあたりの単価は製品を選択する際の 1 つの考慮事項にすぎません。経験と生産ノウハウの結晶である「内部品質」の方がはるかに重要です。

パブリケーション
連絡先